やなぎだ耳鼻咽喉科(大阪府東大阪市西鴻池町)| 耳・鼻・喉あれこれ

耳・鼻・喉あれこれ

花粉症とインフルエンザ感染症

2016,2,26

花粉とインフル

2月も終わりに近づき、本格的な花粉症シーズンを迎えました。まだ大量飛散とまでは、至っていませんが、症状が増悪してきた患者さんがぼちぼち増えてきました。ここまでは、いつもの当院の状況ですが、今年は例年と違うところがあります。この同じ時期にインフルエンザ感染症の流行がピークとなっているのです。

年頭に「院長の部屋」にも書いたように、今年の年末年始は暖冬の影響で、冬型の感染症が少ない傾向にありました。本格的な寒波の襲来が遅れた結果、例年1月末ごろにピークを迎えるインフルエンザ感染症の流行が2月末までずれ込んでいるのです。さらに、今年の特徴としてA型とB型が同時期に流行していることがあげられます。おかげで、比較的おだやかに過ごしていた当院の診察の状況が一気に慌ただしくなってきました。

花粉症で損傷を受けた上気道の粘膜は、インフルエンザなどのウイルス感染に対しては脆弱で、感染の危険性がより増加します。感染予防は地道な努力が大切です。みなさん、より一層のご注意をよろしくお願いします。

この時期はどうしても患者さんの数が増加し、待ち時間が長くなります。いろいろとご迷惑をかけることも多いかと思います。当院としてもいろいろと努力していきますので、今後ともよろしくお願いします。

現在地:トップページ耳・鼻・喉あれこれ

予約申し込み(iTicket)問診票ダウンロード