やなぎだ耳鼻咽喉科(大阪府東大阪市西鴻池町)| 院長の部屋

院長の部屋

あけましておめでとうございます。

2010,1,1

2010年の幕が開きました。昨年のやなぎだ耳鼻咽喉科は、春のスギ花粉の大飛散で始まり、5月に新型インフルエンザが発生し、秋からのワクチン接種の混乱、さらに、冬には若年層を中心としたインフルエンザの大流行と、波乱万丈の一年でした。日本の政治も大きく変化し、医療と保険行政をとりまく環境は流動的で、景気の後退も続き、なにかと当院の周囲も落ち着かない日々が続いています。

そんな中、やなぎだ耳鼻咽喉科も今年は変革を目指し、新しいことに取り組んでいこうと考えています。

現在、すでに決定していることは、懸案であった電子カルテの導入です。このことは、患者さんにとって、メリットとデメリットの両面あり、どのような結果をもたらすかは未知数です。ただ、診療行為と保険請求の電子化は厚生労働省の基本施策です。この電子カルテをきっかけとして、レントゲンの電子化や内視鏡画像や聴力検査のデータファイル化を図っていこうと思います。

それ以外にも、患者さんに対するアンケート調査の実施、職員の接遇の改善など目指すべきことは、多数あります。今年は、これらを一つ一つ達成していきたいと考えています。
本年も、やなぎだ耳鼻咽喉科をよろしくお願いします。

院長の部屋一覧のページへ

現在地:トップページ院長の部屋

予約申し込み(iTicket)問診票ダウンロード