やなぎだ耳鼻咽喉科(大阪府東大阪市西鴻池町)| 院長の部屋

院長の部屋

院内のリニューアルが終了しました

2004,5,19

事中は、休診させていただくとともに騒音等ご迷惑をおかけました。なんとか突貫工事で、ゴールデンウィーク中に工事を終了しました。

 先に書いたように、当院南側の駐車場に新規の建物を建築し、約50坪のスペースとなりました。待合室の広さそのものは残念ながらそのままですが、椅子などの変更や受付のスペースの拡大により、ゆったりとした空間となっています。

 また、検査室はレントゲン室、聴力検査室を別々とし、並行して検査を行えるようにしました。診察室は完全な個室とし、動線も考慮して、患者さんのプライバシーを確保できるようになりました。おたふく風邪などの感染症対策のため、また検査終了後の患者さんがゆっくりお待ちいただけるように、第2待合いのスペースも作りました。

 さらに最も重要なことですが、外来手術を行う設備が導入され、これまで診察椅子で行っていた手術も処置室で行えるようになっています。

 治療機器としては、アレルギー性鼻炎に対する手術療法に使用する、アルゴンプラズマ凝固装置や凍結手術装置を導入します。内服加療だけでなく耳鼻科医でなければ行えない外科的治療を積極的に行っていきたいと考えています。

 新たな検査機器としては、甲状腺疾患などの頸部病変の診断に有効な超音波診断装置などを導入します。最近話題になっている、いびきや睡眠時無呼吸症候群に対しては携帯用睡眠時無呼吸検査装置を用いて自宅でモニタリングを行い、より正確な診断を行います。

 また、患者さんやご家族に病気の状態を、より理解していただけるようにファイバースコープや供覧用モニターも増設いたしました。

 一方、半年前に開設した当ホームページは、おかげさまでアクセス数が10000件を超えました。今回の改装に伴いホームページの内容も、いっそうの充実をめざし、リニューアルする予定です。

 今後は、6年半前に開業させていただいた時と同じような、新鮮な気持ちで、より質の高い充実した診療をめざしていきたいと考えています。今後ともよろしくお願いいたします。

院長の部屋一覧のページへ

現在地:トップページ院長の部屋

予約申し込み(iTicket)問診票ダウンロード