やなぎだ耳鼻咽喉科(大阪府東大阪市西鴻池町)| 院長の部屋

院長の部屋

院内のリニューアル終了しました

2011,10,28

改装1

年、9月から10月にかけて、少しずつ行ってきた院内のリニューアルが、ひとまず終了しました。

前稿でも、書かせていただきましたが、CR(コンピューティッドラジオグラフィ)と呼ばれるレントゲン撮影装置を導入しました。これにより、撮影後すぐにパソコンのディスプレイに、結果画像を表示することが可能となりました。画像の拡大、コントラストの変更なども容易で、患者さんにも好評をいただいています。

また、新たな画像ファイリングシステムの導入により、CRによるレントゲン画像、鼓膜の静止画像、喉頭ファイバーの動画、また聴力検査の結果も、すべて画像ファイルとして、患者さんごとに保存することが可能となりました。これにより、他覚的所見や検査結果の改善の様子が、時系列で表示できるようになりました。これにより、先日も患者さんご自身から、病状が把握しやすくなったとのご意見をいただきました。

改装2

あまり目立たないかもしれませんが、院内の壁紙の大部分を張り替え、受付カウンターおよび書棚の表面素材も、新しいものに変更しました。また、待合室および診察室の椅子をすべて入れ替えました。キッズスペースはこれまでは床が板張りで、木製の手すりで作られており、少々安全性に問題がありました。今回はクッション性のあるビニール製の素材を使うことにより、けがなどの心配がないよう、配慮しています。待合室の絵画も、15年ぶりに変更し、これらのことにより、院内全体が明るくなったと思っています。

トイレの悪臭に対しても、苦情をいただいていましたが、今回排気設備を増設したことにより、改善できたと考えています。

院内設備がリフレッシュされました。我々スタッフ一同も気持ちを入れ替えて、診療活動を行っていきたいと思いますので、今後ともよろしくお願いします。

院長の部屋一覧のページへ

現在地:トップページ院長の部屋

予約申し込み(iTicket)問診票ダウンロード