やなぎだ耳鼻咽喉科(大阪府東大阪市西鴻池町)| 事務長のズバリ言うたろ!?

事務長のズバリ言うたろ!?

きかんしゃトーマスに乗ってきました②

2016,10,17

トーマス4

ていよいよ出発!という頃になると、車内にはテーマ曲が流れ、おなじみの声でトーマスが走行中の車内での注意事項などをアナウンスします。

その後ほど無くしてガタンッという衝撃と、ポーっという汽笛の音とともに、トーマス号はゆっくりと動き始めました。駅員のみなさんや、駅の周りに集まったたくさんの人達に見送られながら、ゆっくりゆっくりと進んでいきます。ちなみに客車にはエアコンは付いていませんが、走行中は窓から入る風が気持ちよくて、9月の上旬でしたが特に暑いとは感じませんでした。2歳の子供にとっては片道1時間強となると少々の長丁場ですが、車掌さんがハーモニカの演奏や、楽しい話で盛り上げてくれますし、車内販売の商品を見ているのも楽しいです。そして何より親子3人で汽車に揺られながら、お弁当を食べるている間は最高の時間で、乗車中の時間もあっという間に過ぎていきました。

トーマス7

新金谷駅を出発して約1時間15分、私達の乗ったトーマス号は終点の千頭(せんず)駅に到着しました。到着した千頭駅ではトーマスフェアというイベントが開催されていて、ここではヒロやパーシーを始めとしたトーマスの仲間たちに会うことができます。会場内はすごい人で溢れていて、あちらこちらに写真待ちや車両の見学待ちの列ができていました。それにしてもトーマスデザインの服や帽子を被った子供達の多いこと、そして子供よりも楽しそうにしている大人達の実に多いこと(笑)。おそらくですが、私達親子も周りから見れば、このパターンにほぼ完璧にはまっていたんだと思いますが(笑)

フェアを存分に楽しんだ後は行きと同じ客車に乗車して、新金谷駅を目指します。客車の中はたくさんおもちゃを抱えた子供たちと、たんまりとおもちゃを買わされたのであろう大人で行きと同じく満席になっています。ところがこの車内、行きとは違ってなんとも静かなんです。汽車が走り出すと気持ちよさそうに眠ってしまう人が多いからなんですが、大人も子供も朝からはしゃぎすぎて疲れたのでしょうね。

トーマス1

今回乗車したトーマス号は、時速30キロ程度のゆったりとしたスピードで走行しますので、窓から眺めると、沿道ですれ違う方々のお顔まではっきりと見ることが出来ます。ホーム上から見送りやお出迎えのために手を振る駅員さん。駅の周辺で柵の向こうから手を振る方々。茶畑の前を走りながら汽車に向かって手を振る人。練習を一時中断し、自分のかぶっていた帽子を振る野球部員の子供たち。撮影中のカメラから一旦顔を外し、汽車に向かって手を振るおそらく撮り鉄であろう人。大きな橋の上で自作の横断幕を広げ、その横で大きく手を振る人。そして、露天風呂につかったまま、裸で手を振る人たち(笑)。とにかくトーマス号とすれ違うほぼ全員の方が汽車に向かって手を振っておられます。しかも皆んなが皆んな満面の笑みで、実に嬉しそうな子供の顔になっています。私はこんなにも幸せな乗り物に未だかつて乗ったことがありません。

線路の上をゆっくりと走る、言わばそれだけの事で、すれ違う人たちを皆んな笑顔にしてしまうトーマス号。機関車トーマスのお話にそれほど興味のなかった方であっても、機会があればぜひ一度トーマス号に会いに行ってください。最高の笑顔になれること、お約束いたします。

大井川鐵道ホームページ
大井川鐵道さんのホームページです。ぜひとも一度ご覧ください!
※大井川鐵道さんより、リンクの許可頂きました。

現在地:トップページ事務長のズバリ言うたろ!?

予約申し込み(iTicket)問診票ダウンロード